PR

エンタメ エンタメ

百恵さん、「蒼い時」から40年ぶり著作 7月末にキルト作品集

山口百恵ファイナルコンサート=昭和55年10月
山口百恵ファイナルコンサート=昭和55年10月

 日本ヴォーグ社は6日、昭和後期を代表する人気アイドルだった三浦百恵さん=旧姓・山口=(60)が自ら手がけたキルト作品を紹介する書籍「時間(とき)の花束 Bouquet du temps(ブーケ・デュ・タン)」(2000円+税)を7月末に発売すると発表した。

 同社によると、百恵さんの著書は、芸能界を引退した昭和55年に刊行した自叙伝「蒼(あお)い時」以来、約40年ぶりという。

 同社によると、書籍はA4変型判のオールカラーで128ページ。夫で俳優の三浦友和さんや子供のために作った温かみのある作品から、クリエイターの才覚を感じさせる斬新な作品まで幅広く収録。実際に作品を製作しているときの百恵さんの写真も数枚収められ、製作の舞台裏も山口さんの言葉で紹介されているという。「あとがき」に百恵さんは「今、暮らしの中に手仕事の時間があることをとても幸せに思っています」と記している。

 百恵さんは芸能界引退後にキルト作りを始め、これまでいくつかの作品を展示してきたという。日本ヴォーグ社の担当者は「いわゆるキルト作りの“ハウツー本”ではなく、愛する家族や友人への思いが込められた作品集。一人でも多くの人に手にとってほしい」と話している。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ