PR

エンタメ エンタメ

米紙大手2社、合併交渉

全国紙の「USAトゥデー」=ロサンゼルス(共同)
全国紙の「USAトゥデー」=ロサンゼルス(共同)

 【ニューヨーク=上塚真由】米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、電子版)は30日、米全国紙USAトゥデーなどを発行する新聞・出版大手ガネットと、同業のゲートハウス・メディアが合併交渉を行っていると報じた。実現すれば、所有する新聞の数と発行部数がいずれも全米最大になるという。

 両社ともに広告収入と読者数の減少に直面しており合併を通じて経営効率を高める狙いがある。ガネットは100を超える日刊紙を抱え、発行部数は米国で最多。一方、ゲートハウスは地方を中心に156の日刊紙と464の週刊紙を持っており、所有する新聞の数は最も多い。

 一方、WSJは2社の合併が実現する保証はないとし、ガネットが米有力紙シカゴ・トリビューンを抱えるトリビューン・パブリッシングなどとも接触したと報じている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ