PR

エンタメ エンタメ

NHK 朝ドラの土曜放送取りやめ検討

東京都渋谷区にあるNHK放送センター
東京都渋谷区にあるNHK放送センター

 NHKは「朝ドラ」の愛称で親しまれる「連続テレビ小説」について、超高精細映像の4Kで制作する来春放送の「エール」(窪田正孝さん主演)から、土曜日の新作放送をなくす検討をしていることが22日、分かった。働き方改革の一環で、制作現場の負担を減らすのが狙いとみられる。

 NHKの木田幸紀放送総局長は22日の定例会見で、「4Kドラマの制作では収録、編集に時間がかかるが、全体の作業時間はこれまでより軽減したい」と述べた。土曜日の新作放送の扱いについては「エール」の収録が始まる9月より前に最終決定する。

 朝ドラは昭和36年に放送開始。第1作の「娘と私」は1回20分で月~金曜の放送だったが、翌37年の第2作「あしたの風」から、1回15分、月~土曜の放送が定着した。週5日に短縮した場合も、1回15分の放送枠は変えないという。

 NHKは、平成25年に女性記者が過労死した問題を受けて働き方改革を推進。制作現場が長時間労働になりがちなことから、朝ドラや大河ドラマではスタジオ収録を原則午後9時までに終えることを目指している。一方、関係者によると、放送中の「なつぞら」の場合は土曜日でも視聴率が約20%と高い。このため、やめた場合に何を放送するかなど、慎重に検討を進めるという。

 木田放送総局長は「働き方改革も考慮して、さまざまな選択肢があるが、現状は何も決まっていない」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ