PR

エンタメ エンタメ

【紫綬褒章】漫才コンビ「オール阪神・巨人」オール阪神さん(62)、オール巨人さん(67)

春の褒章で紫綬褒章を受章した漫才コンビ、オール阪神巨人=大阪市北区(恵守乾撮影)
春の褒章で紫綬褒章を受章した漫才コンビ、オール阪神巨人=大阪市北区(恵守乾撮影)

 コンビを結成して45年目。正統派のしゃべくり漫才を貫き、「老若男女に笑っていただけるネタを作ってきたのが評価されたと思う」とオール巨人さんは受章を喜ぶ。

 漫才には適齢期があると一時は引退も考えていたが、「続けられたのは(相方のオール)阪神さんの借金と離婚騒動があったから」とちゃかす。長い時間を共に過ごした相方は「家族以上の存在」となった。

 互いにC型肝炎治療の副作用や、脳梗塞などの病に苦しんだ時期もあったが、「暗黙の了解でいたわってきた」(阪神さん)。

 平成28年には並み居る人気者を押しのけ、4度目の上方漫才大賞に輝くなど第一線を走り続ける。阪神さんは「初めての仕事が生涯続いている。頑張ってきたなと思います」と感慨深げだ。

 観客が足を運び、お金を払って見る劇場での芸を何より大事にし、最も自信のあるネタは引退のときまでテレビで披露しないと決めている。「『今日は一番阪神巨人がおもろかった』と思っていただける漫才をこれからもしたい」と巨人さんが語ると、阪神さんは「2人なら無限の力が出ますよ」と応じた。(藤井沙織)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ