PR

エンタメ エンタメ

【エンタメよもやま話】男らしさって? 軟弱イケメンに対抗し、中国で男を鍛えるブートキャンプが人気

 中国メディアは「病的」で「退廃的」な文化が国の将来を脅かすと報じました。そのせいか、中国の動画サイトでは、男性アイドルが着用しているイヤリングの部分をぼかして流すといったこともあるようです。

 こうした「女々しい男」の増加は容姿だけにとどまりません。中国の人民解放軍(PLA)の機関紙「解放軍報」によると、軍の新兵のうち、体力テストに合格できたのはわずか2割だけ。理由はスマホの動画の見過ぎやお酒の飲み過ぎによる体重オーバーだったというのです…。

 そんなわけでタン氏は、06年にカリフォルニア州で目の当たりにした、アメリカンフットボールの選手たちに課される過酷なトレーニングから着想を得て「真の男」の育成をめざし、「リアル・マン・トレーニング・クラブ」を設立したのです。

 とはいえ、「真の男」への道は厳しいようです。参加する青少年たちは親元を離れて過酷な訓練を受けます。真冬の早朝、気温マイナス10度の極寒のなか、まずはいてついた公園の周囲をランニングする準備に入ります。

 額には「Real Man」と書かれた鉢巻き。彼らは厚手のダウンジャケットなどを脱ぎます。ジャージーやシャツには「Power Leader(力の先導者)」「Anything is Possible(不可能はない)」と書かれています。

 その後、青少年たちは上半身裸になり、コーチとともに「1、2、3!」という掛け声を唱和しながらランニングを開始。コーチの大声の問いかけに、青少年たちが大声で答えます。

 「誰が最高だ?」

 「われわれです!」

 「われわれとは誰だ?」

 「真の男です!」

 訓練にはランニングの他、タン氏が敬愛するアメリカンフットボールをはじめ、レスリングやボクシング、砂漠や山々を巡るトレッキングといったプログラムも含まれているといいます。

■韓国“若いツバメ”K-POP悪影響!?

 こうした「リアル・マン・トレーニング・クラブ」の人気ぶりや、K-POPの男性スターに影響を受けた「女々しい男」の増加について、中国国内ではさまざまな意見が出ています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ