PR

エンタメ エンタメ

海道東征コンサート大阪公演 11月8日開催

橿原神宮を訪ねたオペラ歌手の幸田浩子さん(左)。右は久保田昌孝宮司=奈良県橿原市(安元雄太撮影)
橿原神宮を訪ねたオペラ歌手の幸田浩子さん(左)。右は久保田昌孝宮司=奈良県橿原市(安元雄太撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 125回目の御代代わり(皇位継承)が行われた今年。11月8日には、初代神武天皇が日向・高千穂宮を旅立って大和・白檮原(かしはら)(橿原)宮で即位するまでの足跡を歌い上げる交声曲(カンタータ)「海道東征」公演が大阪で行われる。4月の東京公演に続いて8回目の今回は、126代目の新天皇誕生に伴う即位礼正殿の儀(10月22日)の後、大嘗祭(11月14、15日)の前という日程で、祝賀ムードあふれる公演になりそう。過去7公演すべてで舞台に立っているオペラ歌手、幸田浩子さんが、神武天皇を祭る橿原神宮に正式参拝し、歌手の視点から「海道東征」の魅力を語った。(安本寿久)

正式参拝する幸田さん。拝殿で榊をささげた
正式参拝する幸田さん。拝殿で榊をささげた
その他の写真を見る(2/4枚)

オペラ歌手・幸田浩子さん橿原神宮に正式参拝

 幸田さんは、同神宮の南神門で手水を使って身を清め、神職の先導で玉砂利と回廊を進んで、内拝殿で参拝した。同神宮からは畝傍(うねび)山が隣接するように望め、同山の東南に最初の皇居を営んで「日本のはじまり」の地にした天皇の緊張感や高揚感がうかがえる。

 「海道東征」は、高千穂で政務を執る神武天皇がまだ見ぬ大和を思慕し(第2章)、御船出(第3章)するという、記紀が書く神武東征を北原白秋の詩で再現している。白秋が専ら用いたのは大和言葉。この美しく奥行きのある詩をソリストたちや合唱団が、叙情豊かに歌い上げる。

共鳴する歌声

 「格調高い大和言葉ですが、歌いやすいんです。高千穂を発(た)ってからの瀬戸内の島々や船から見える山々の美しさ、そしてそこで暮らす人々の姿が目に浮かぶような詩ですから」そう話す幸田さんが最も好きな詩は、第2章の「大和思慕」にあるこの部分だという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ