PR

エンタメ エンタメ

尾上菊之助の長男、初舞台 「令和の丑之助」華々しく 歌舞伎座 27日まで

 東京・銀座の歌舞伎座で令和最初の開催となった3日の歌舞伎公演「團菊祭」で歌舞伎俳優、尾上菊之助(41)の長男、寺嶋和史(てらじま・かずふみ)君(5)が七代目尾上丑之助(うしのすけ)を襲名して初舞台を踏み、歌舞伎俳優としての一歩を踏み出した。

 丑之助は「絵本牛若丸」で牛若丸として登場。両祖父、尾上菊五郎(76)、中村吉右衛門(74)がそれぞれお供の鬼次郎、鬼一法眼を演じたほか、二枚目や女形が多い菊之助が初役の弁慶に扮(ふん)し、息子の初舞台をもり立てた。

 丑之助が見えを決めるたびに「音羽屋」「七代目」の大向こう(掛け声)が飛び交い、人間国宝の2人の祖父も、舞台後方からにこにこと相好を崩しながら見守っていた。

 劇中口上では、祖父の菊五郎が「立派な役者になってもらいたい」と述べると、母方の祖父、吉右衛門がすかさず「私の孫でもございます」と会場の笑いを誘い、「令和の丑之助の誕生でござりまする」と華々しく声を響かせた。菊之助は「行く末は両祖父のような役者となりますように」と期待を込めると、丑之助も「どうぞよろしくお願いいたしまする」と晴れやかにあいさつした。

 上演終盤では、丑之助が歌舞伎芸「六方」に挑戦するも花道に座り込み、「くたびれた。おれの馬になれ」と菊之助に命令。菊之助が丑之助を肩車し、花道を歩き出すと、大きな拍手と掛け声が満席の会場にこだました。公演は27日まで。 (水沼啓子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ