PR

エンタメ エンタメ

【シネマプレビュー】初恋 お父さん、チビがいなくなりました

 西炯子(けいこ)の原作漫画を「毎日かあさん」の小林聖太郎監督が映画化。

 子供たちが巣立ち、結婚50年目の夫、勝(藤竜也)と猫のチビと暮らす有喜子(倍賞千恵子)は、無口で頑固な勝と気持ちが通わないことに悩んでいた。ある日、チビが失踪したことを機に、有喜子は勝との離婚を決意するが…。

 年老いてから改めて男と女として向き合う2人の危機をきわめてオーソドックスに描いた作品。倍賞が夫を愛する有喜子を愛らしく好演している。猫映画と思ったら、チビは不在によって有喜子と勝の関係を動かす役割なので、あまり登場しない点が面白い。10日から東京・新宿ピカデリー、大阪・梅田ブルク7などで全国公開。1時間45分。(耕)

 ★★★(★5傑作 ★4見応え十分 ★3楽しめる ★2惜しい ★1がっかり ☆は半分)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ