PR

エンタメ エンタメ

「ルパン三世」漫画家のモンキー・パンチさん死去

漫画家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さん
漫画家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さん
その他の写真を見る(1/4枚)

 アニメ「ルパン三世」の原作者で漫画家のモンキー・パンチさん(本名・加藤一彦=かとう・かずひこ)が11日、肺炎のため死去した。81歳。葬儀・告別式は近親者で行われた。後日、しのぶ会を開く予定。

 北海道出身。高校卒業後に上京し、昭和40年に「プレイボーイ入門」で本格デビュー。翌41年、出版社の意向でペンネームを「モンキー・パンチ」とした。

 42年、新創刊の漫画誌「週刊漫画アクション」で、「ルパン三世」を連載開始。怪盗の孫で大泥棒のルパンが主人公の同作は、アメリカンコミック調の軽妙なタッチが話題を集めた。46年にはテレビアニメ化。ルパンを中心に、凄腕ガンマンの次元大介、剣の達人・石川五ェ門、美貌の峰不二子という一味と、ルパン逮捕に執念を燃やす銭形警部など、魅力的なキャラクターも子供や女性も含め幅広いファンを獲得。大野雄二さんが作曲した疾走感のあるテーマ曲と相まって国民的人気作となった。

 その後もテレビの続編シリーズや宮崎駿監督の「カリオストロの城」(54年)をはじめとした劇場用アニメシリーズが続々と制作された。実写映画や宝塚歌劇団の舞台にもなるなど、世代を越え半世紀以上にわたって親しまれた。

 平成7年には声優として長年、ルパン三世を演じた山田康雄さんが死去。ルパン三世のものまねなどで知られた栗田貫一さんが引き継ぎ話題にもなった。

 戦前生まれだが早くからパソコンで漫画制作を始め、デジタル漫画の可能性に着目。15年に漫画家仲間とデジタルマンガ協会を設立し、初代会長を務めた。

 晩年も向学心は衰えず、60代で東京工科大(東京都)の大学院に入学し、デジタル漫画などについて研究。大手前大(兵庫県西宮市)で教鞭(きょうべん)を執り、漫画執筆の講義を行うなど後進の育成にも努めた。

 モンキー・パンチさんは27年の本紙の取材に「(ルパン三世の連載は)当初は3カ月で終わると思った」と述懐。「読んでいる間は、他のことを忘れていかに楽しんでもらえるかだけ考えた」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ