PR

エンタメ エンタメ

平成回顧 テレビ(上)災害報道 「命を救う」防災へ意識をシフト

平成で起きた多くの災害を経て、NHKでは東日本大震災後、津波が起きた際の避難を強く呼びかける画面に切り替えられた(NHK提供)
平成で起きた多くの災害を経て、NHKでは東日本大震災後、津波が起きた際の避難を強く呼びかける画面に切り替えられた(NHK提供)

 昭和に放送を開始したテレビは、平成時代も社会や家庭に大きな存在感を与えてきた。その中で、平成7年の阪神淡路大震災、23年の東日本大震災という2つの大きな震災をはじめ、その他の多くの災害を伝えてきた災害報道、そして、多くのヒット作を生んできたドラマを中心に、平成時代のテレビを振り返る。(兼松康)

 災害報道に力を入れるNHKでは、幾度となく起きる災害で得た知見や反省を次に生かし、そのあり方を進化させてきた。

 阪神大震災発生直後のテレビ画面では、後に震度7と発表された神戸市の震度が空白のままだった。当時の気象庁では震度7以上は建物の倒壊率などを調べた上で適用する仕組みだった。

 しかし、発生直後に震度が不明では対応の遅れにつながるという反省点も浮上。NHKでは地震発生ですぐに震度を速報できるよう、同震災後に、気象庁と同じ震度計を各放送局に取り付け、一定の震度を超えたら、いち早く速報できる体制を取った。

 NHK報道局災害・気象センターの橋爪尚泰センター長は、「地震は報道によって逃げる余裕を与えられない。震度をいかに早く伝え、最も被害が大きいのはどこか突き止める必要がある」と、理由を説明する。

 ■被災者取材のあり方も

 被災者取材におけるメディアスクラムの問題が起きたのもこの頃だ。同時に「被害者に寄り添う」という考え方も出てきた。

 阪神大震災では、ヘリコプター取材による騒音問題も生まれた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ