PR

エンタメ エンタメ

民放連会長 NHK常時同時配信で「抑制運用を」

NHK放送センター=東京都渋谷区(納冨康撮影)
NHK放送センター=東京都渋谷区(納冨康撮影)

 テレビと同じ番組をインターネットで流すNHKの常時同時配信を可能にする放送法改正案が国会に提出されたことに絡み、日本民間放送連盟の大久保好男会長(日本テレビ社長)は20日の定例会見で、「新たなサービスを始めるにしても抑制的に運用するところから始めてほしい」と改めて述べた。

 NHKは現在、ネット活用業務費について、受信料収入の2・5%を上限としている。大久保会長は常時同時配信が実現した場合でも「まずは現行の基準である2・5%という線を順守し、抑制的に運用するところから始めてほしい。そうでなければNHKに対する肥大化といった批判が起こりかねない」と牽制(けんせい)した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ