PR

エンタメ エンタメ

テレビ4月改編(上)バラエティー 各局、ゴールデンで新設

TBSは“ファミリーコア”の視聴者をターゲットに「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」などを投入する
TBSは“ファミリーコア”の視聴者をターゲットに「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」などを投入する

 ■フジは抑制、戦略に違い

 在京テレビ各局の4月改編の内容が出そろった。民放各局がゴールデン(午後7~10時)で新たなバラエティーを始める中、フジテレビはこれまでに投入してきた番組の定着を図るため改編を抑制。視聴率競争に臨む各局の戦略に大きな違いが出た。(大塚創造)

                   

 「地上波では一定の役割を終えた」。TBS幹部は30年にわたって月曜午後8時から放送してきた2時間ドラマ枠を3月いっぱいで終了する理由をそう説明した。代わりに“ファミリーコア”と設定する13~59歳の視聴者をターゲットに、後番組としてお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平とバイオリニストの高嶋ちさ子がMC(司会)を務め芸能人らと語り合う「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」(午後8時)などバラエティー2本を投入する。

 視聴率競争で昨年まで5年連続首位となった日本テレビの改編率はキー局の中で最も低かった。その日テレは水曜日の強化として、メディアで話題となった人を探し出すバラエティー「衝撃のアノ人に会ってみた!」(午後7時)を新設する。

 担当はスポーツ局。今年から来年にかけてラグビーワールドカップ(W杯)や東京五輪・パラリンピックが開催されることから、日テレ幹部は「スポーツが国民の皆様により多く届く2年間」と話し、スポーツコンテンツを盛り上げる基幹番組としての役割も担わせる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ