PR

エンタメ エンタメ

“環境難民”の子供たちを追う 水没にさらされる巨大都市…

毎日満潮時に浸水する中、笑顔の子供たち(C)フジテレビ
毎日満潮時に浸水する中、笑顔の子供たち(C)フジテレビ

 フジテレビのドキュメンタリー番組「環境クライシス」の第3弾が23日午後3時30分から放送される(関東ローカル)。

 ナレーションをNHK連続テレビ小説「わろてんか」(2017年下期)のヒロインを演じた葵わかなが務める。

 第1弾では“環境難民”が増加の一途をたどるインド(2017年8月19日放送)、第2弾では“世界最悪の大気汚染”にさらされているモンゴル(18年5月26日放送)が舞台となった。

 第3弾の舞台は、アジアでも有数の巨大国家・インドネシア。このまま地球温暖化が進んだ場合、アジア太平洋地域で最も洪水被害が発生するといわれている。特に被害が大きいのは都市水害。番組ではインドネシアの首都・ジャカルタを取材する。

 アジア最速で貧富の差が拡大しているともいわれ、路地裏に入ると“スラム”が広がる。過酷な運命の中で暮らす子供たちの生活に密着し、生活を奪われつつもたくましく生き抜こうとする“環境難民”の子供たちの姿を追う。

 第1、2弾に引き続き、現場取材した環境ジャーナリストの竹田有里さんは「SDGs(持続可能な開発目標)という“誰も置き去りにしない”共通のテーマのもと、17の目標達成を世界が合意。人間だけでなく全ての生き物と未来を生きる次の世代に今の世界を変え、そして美しい地球を残していくために、今を生きる私たちがどう行動すべきなのか。今世界で起きている現実をありのまま伝えることで、番組が視聴者のみなさまにその行動を今一度考えてもらうきっかけになればと切に願っております」とコメント。

 企画・プロデュースした同局社会部の大塚隆広さんは「インドネシアは自然災害による死者数が世界で最も多い国となっている。取材班は、ジャカルタ郊外に住む漁師の家族に密着。彼らの住まいは水没の危機に瀕している。また密林の奥地で暮らす家族も取材した。そこにも気候変動の影響が忍び寄っている実態がありました」と語っている。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ