PR

エンタメ エンタメ

朝ドラ100作 人気の秘密は 家族の絆描く 15分で気軽に 制作は柔軟に

 朝ドラに制作上の決まりごとはない。「歴代プロデューサーは何らかの冒険をしている」という。「マッサン」(26年)では、主人公の妻役に日本語が全く話せなかったシャーロット・ケイト・フォックスさんを選んだ。「てるてる家族」(15年)はミュージカル仕立て。「意外と保守的ではない。制作者の挑戦で、さらに面白さが見つかる」

 朝ドラに詳しい同志社女子大の影山貴彦教授(メディアエンターテインメント論)は「半年間だけでなく、1年の作品や逆に3カ月や1カ月限定のものがあってもおかしくない。東京と大阪だけでなく、札幌や福岡など地方局に制作させてもいい」と、慣例にとらわれない柔軟な朝ドラ制作を提言する。(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)

 NHKでは「朝ドラ100作!全部見せますスペシャル」(29日午後7時半)を放送する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ