PR

エンタメ エンタメ

【TVクリップ】「ナニコレ珍百景」 ネプチューン

テレビ朝日「ナニコレ珍百景」出演のネプチューン 名倉潤(手前)、堀内健(右)、原田泰造(左)(納冨康撮影)
テレビ朝日「ナニコレ珍百景」出演のネプチューン 名倉潤(手前)、堀内健(右)、原田泰造(左)(納冨康撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 全国各地にある珍しい光景のVTRを募り、「珍百景」として認定する人気バラエティー番組。これまで、犬のようなイノシシや赤ちゃんの顔に見える岩などが認定されてきた。平成20年から毎週水曜にレギュラー放送が開始。28年に一度は幕を下ろしたが、不定期の特別番組として続けられ、再び昨年10月から毎週日曜にレギュラー放送を開始した。

 10年以上前から放送している番組の知名度は高く、堀内健は「身内や知り合いにも番組のファンは多い」と話す。レギュラー放送終了後も視聴者からのVTR投稿は止むことがなかった。原田泰造によると、当時のスタッフとは「また(レギュラー放送を)やろう」と誓い合っていたといい、3人は再開を待ち望んでいた。

 視聴者が投稿したVTRをスタジオで鑑賞する。それぞれの地元が珍百景候補に上がると、原田は「うれしい半面、えこひいきしないように気をつける」という。名倉潤は「みんなが一緒に楽しんでいる」といい、放送日が日曜に移ったことで、「より家族で楽しめる傾向が強くなった」と話す。アットホームな雰囲気が番組の根強い人気を支えており、視聴率は常に2桁と絶好調だ。

 投稿されるVTRは、ほほえましい内容が多い。珍しい動きをするイヌやネコなど動物ものから、「山奥の集落に1人だけの小学生」といった田舎や離島の生活に密着したものまで幅広く、名倉は「幼い子から高齢の方まで年齢を問わず反響がある」としみじみと話す。

 インターネットが発達し、個人がSNS(会員制交流サイト)で面白動画を上げて、注目を集めることができる現在でも、番組で放送してほしいと、視聴者からのVTR投稿は止まない。堀内は「『テレビに出る』というのは、『ネットに出す』とまた違った特別感があるのでは」と分析する。一方、SNSを通じて直接3人に「何が珍百景として認定されやすいか」と聞こうとするファンもいるといい、名倉は「とりあえずVTRを番組に送ってきてほしい。見なきゃわからないし、一緒に楽しもう」と呼びかける。

 17日には2時間半スペシャルが放送される。原田は「VTRがたくさん見られる」と笑い、堀内は「スタジオからお茶の間へ、笑いと感動の涙を届けます」とアピールした。(文化部 三宅令)

●テレビ朝日 日曜午後6時半

 ネプチューン 名倉潤(なぐら・じゅん)、原田泰造(はらだ・たいぞう)、堀内健(ほりうち・けん)の3人組。平成5年にお笑いトリオ「ネプチューン」を結成。「ネプリーグ」(フジテレビ系、15年~)、「しゃべくり007」(日本テレビ系、20年~)、「ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(TBSテレビ系、25年~)、「あいつ今何してる?」(テレビ朝日系、28年~)など多くのバラエティー番組で活躍する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ