PR

エンタメ エンタメ

【シネマプレビュー】サンセット

ハンガリー・フランス合作映画「サンセット」から(C)Laokoon Filmgroup - Playtime Production 2018
ハンガリー・フランス合作映画「サンセット」から(C)Laokoon Filmgroup - Playtime Production 2018

 「サウルの息子」でカンヌ国際映画祭の最高賞に次ぐグランプリを獲得したハンガリーのネメシュ・ラースロー監督が、サスペンスとミステリーにあふれた物語をまたも冒険的な手法で紡いだ。1913年、権勢を誇るオーストリア=ハンガリー帝国の都市、ブダペストの高級帽子店に、1人の若い女性がやってくる。この店で働きたいという彼女は、もともと店のオーナーだったレイター夫妻の忘れ形見、イリス(ユリ・ヤカブ)だった。

 カメラはほぼ全編にわたってイリスに寄り添い、彼女が帽子店で探ろうとしている両親の死の謎から、第一次大戦前夜の不穏な社会情勢まで写し撮る。前作とは違って場所も時間も飛び飛びで、おまけに登場人物もやたら多いのに、目に入ってくる情報はイリスの周囲だけ。彼女と同じ混乱や戸惑いを見る者も覚えることになり、それこそがネメシュ監督が最も意図したことだったか。画面の端々に映り込む華やかな衣装や美術も、想像力をかき立てる手がかりの一つにすぎないのかもしれない。15日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、大阪・シネ・リーブル梅田などで順次公開。2時間22分。(藤)

 ★★★★(★5傑作 ★4見応え十分 ★3楽しめる ★2惜しい ★1がっかり ☆は半分)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ