PR

エンタメ エンタメ

ライブも中止 ピエール瀧容疑者逮捕でテレビ、映画界対応に追われる

移送されるピエール瀧容疑者=13日午前3時24分、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
移送されるピエール瀧容疑者=13日午前3時24分、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)

 ピエール瀧容疑者の逮捕を受け、テレビ局や映画会社は13日、瀧容疑者の出演作品の取り扱いを協議するなど対応に追われた。

 テレビでは、NHK大河ドラマ「いだてん」にマラソン用足袋の開発に取り組む職人役で出演中。NHKは13日、「いだてん」の放送を次回以降も継続することを決めた。同日も撮影があったが、瀧容疑者の出演場面を抜かして行われた。瀧容疑者の撮影済みのシーンや役の交代などについては「対応を検討する」としている。インターネット動画配信サービス「NHKオンデマンド」で配信中の瀧容疑者の出演6作品については当面、配信を停止した。

 毎週木曜日に出演中のTBSラジオ「たまむすび」では、14日の放送を瀧容疑者抜きで行うことを決定。今後の対応についてTBSラジオは「検討中」としている。

 映画では、4月5日公開の「麻雀放浪記2020」に科学者役で出演。配給の東映は「上映の延期や中止、出演場面のカットなど今後の対応を協議中」。5月17日公開の「居眠り磐音」を配給する松竹も「対応を協議中」としている。

 音楽活動では、「電気グルーヴ」の30周年記念ツアーを開催中だった。東京都内で15、16日にツアーの最後となるライブを予定していたが、中止となった。

 ゲーム大手のセガゲームスは、瀧容疑者が出演するゲームソフト「JUDGE EYES:死神の遺言」の販売自粛を決定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ