PR

エンタメ エンタメ

1月クールドラマ座談会 「3年A組」、話題さらった菅田将暉の狂気

 C 各事件が1話完結の上、夫役の唐沢寿明に降りかかった汚職の真相もミステリー仕立て。見ていて飽きませんね。

 A 俺はこの作品が一押し。視聴率は前の10月クール(10~12月)ほどではないが、さすがドラマのTBS。

 B 同局の「メゾン・ド・ポリス」は高畑充希演じる若手刑事を元警察官らが、うっとうしくもちょっと懐かしいおせっかいで支える物語。なぜかほのぼのするね。“おっさん”は確実にブームだね。

 C ちょっとドタバタし過ぎで、出演者全員が、警察官や経験者には思えないんですけどね。とはいえ、好感を持てる登場人物が多いのは確か。

 A 火曜の「初めて恋をした日に読む話」は塾講師の深田恭子をめぐって3人のいい男がアプローチする内容。中でも劇中で「ゆりゆり」と深田に呼ばれる横浜流星をはじめ、SNSで話題をさらっていたね。展開に引き込まれ、ついつい見入ってしまう。

 C 30代女子と男子高校生の恋愛ストーリーは無理があるけど、漫画原作でドラマもコミカルに描かれているので、軽い気持ちで深く考えずに楽しめます。

 A フジの月9「トレース」も漫画原作。最初は対立していた錦戸亮と船越英一郎の信頼関係が築き上げられてきたのが、見ている方にもうれしいね。

 C 何と言ってもこれは「科捜研の男」というサブタイトルのすばらしさにつきますね。

 B 話題をさらっているのは「3年A組」かな。女子生徒自殺の真相を追う狂気の担任を菅田将暉が見事に演じ、生徒役の面々もその演技に十分についていき、全体がまとまっている印象を受ける。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ