PR

エンタメ エンタメ

NHKのネット配信可能に 放送法改正案を閣議決定

Messenger

 政府は5日、NHKによるテレビ番組のインターネット常時同時配信を可能にする放送法改正案を閣議決定した。今国会での成立を目指しており、NHKは2019年度中にサービスを開始したい考えだ。

 現行の放送法では、同時配信は災害報道やスポーツ中継などに限られているが、法改正によって全ての番組を配信できるようになる。NHKは受信料を支払っている世帯の人であれば、ネット視聴のための追加負担は求めないとしている。

 法改正の是非を検討してきた総務省の有識者検討会は同時配信を容認する一方、受信料の見直しや不祥事防止の徹底などを要請していた。NHKは同時配信の実現に向け、10月の消費税増税時は受信料を据え置き、20年10月に受信料収入の約2・5%分を値下げする方針を示している。

 改正案は、NHKの監査委員に役員の責任を追及する役割を付与するなど企業統治体制の強化策も盛り込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ