PR

エンタメ エンタメ

【米アカデミー賞】国籍多様化、黒人の活躍目立つ 祝典らしい祝典

Messenger
アカデミー賞作品賞を受賞、あいさつする「グリーンブック」のピーター・ファレリー監督と出演者ら=24日、ロサンゼルス(ロイター)
アカデミー賞作品賞を受賞、あいさつする「グリーンブック」のピーター・ファレリー監督と出演者ら=24日、ロサンゼルス(ロイター)

 米映画界の一大祭典、第91回アカデミー賞の授賞式が24日(日本時間25日)、終了した。作品賞は、1960年代を舞台に黒人ピアニストとイタリア系運転手の演奏旅行を描いた「グリーンブック」が獲得。同作品はほかに脚本賞、助演男優賞に輝いたほか、日本でも大ヒットを記録中の「ボヘミアン・ラプソディ」が主演男優賞など4部門、インターネット動画配信大手のネットフリックスが手がけた「ROMA/ローマ」が監督賞など3部門、コミックを原作とするスーパーヒーローもの「ブラックパンサー」が衣装デザイン賞など3部門で受賞と、分散する傾向が見られた。

 今年の授賞式は、30年ぶりに司会者なしの開催となった。いつもなら観客席にずらりと顔を並べた候補者とのジョーク満載のやりとりがある上、第86回(2014年)では宅配ピザを会場に配達させたり、昨年の第90回では近所の映画館にゲストが多数押しかけて観客をどっきりさせるなど、数々のパフォーマンスでも楽しませてきた。

 今年はおふざけの演出が全くなく、かえって映画そのものにきっちりとスポットライトを当て、いかにも映画の祝典らしさがにじみ出る授賞式だった。

 今回の特徴の一つに国籍の多様さがある。外国語映画賞に輝いたアルフォンソ・キュアロン監督「ROMA/ローマ」は、監督賞、撮影賞も受賞。監督賞にノミネートされた5人のうち、メキシコ出身のキュアロン監督に加え、「女王陛下のお気に入り」のヨルゴス・ランティモス監督はギリシャ出身、「COLD WAR あの歌、2つの心」のパヴェウ・パヴリコフスキ監督はポーランド出身と、非アメリカ人が3人もいる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ