PR

エンタメ エンタメ

【鑑賞眼】歌舞伎座「二月大歌舞伎」 愚かで悲しい人間喜劇

Messenger

 初代尾上(おのえ)辰之助三十三回忌追善。思い出の舞台を長男の当代松緑(しょうろく)、ゆかりの俳優たちが再現する。

 夜の「名月八幡祭」が秀作である。田舎から出てきた純情いちずな反物売り新助(松緑)が、粋で美人の深川芸者、美代吉(坂東玉三郎)にほれてしまった。しかし、美代吉にはひいき客の旗本、藤岡慶十郎(中村梅玉(ばいぎょく))がおり、付きまとっては金をせびり続ける船頭三次(さんじ)(片岡仁左衛門(にざえもん))もいる。この構図だけでも、まったく分がないのに、新助は美代吉の色香に目がくらみ、滅びの人生を選んでしまう。

 みどころは、人物像に付着する、現代に通じる性格描写のリアリティーだ。美代吉の、藤岡に対する甘えと、三次の前で見せるなじみ振り、新助の純情を口八丁で操る玉三郎の芸に感嘆する。仁左衛門もしかり、素の品性を懐に隠し、いいかげんの極みで美代吉に甘え、すねるヒモ男ぶりには、あきれながらも舌を巻く。美代吉ならずとも逃れられまい。梅玉がまた、すべてをのみ込み美代吉を包む武士にぴったり。

 そして、松緑の新助。朴訥(ぼくとつ)さ丸出しで美代吉をくどく純真さ、だまされた後の狂気を、怒りでなく哀れさで表現したところが的を射た。愚かで悲しいこの人間喜劇を、冷静に眺めていたのはまんまるに輝く満月だけだったという幕切れも、いい。

 他に昼の「義経千本桜(すし屋)」など。26日まで、東京都中央区の歌舞伎座。(劇評家 石井啓夫)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ