PR

エンタメ エンタメ

手塚治虫没後30年 今も読み継がれる「漫画の神様」

Messenger
半世紀ぶりにアニメ化された「どろろ」(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
半世紀ぶりにアニメ化された「どろろ」(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

 9日は「鉄腕アトム」など多くの名作を手掛けた漫画家、手塚治虫の没後30年。熱烈なファンの多い怪奇漫画「どろろ」が半世紀ぶりにアニメ化され、手塚専門の雑誌も新たに刊行されるなど、メディア展開が続く。「漫画の神様」が生み出した作品は、不死鳥のように今も読み継がれている。(本間英士)

半世紀ぶりにアニメ化された「どろろ」

 今、最も話題を集めるアニメの一つが「どろろ」(TOKYO MX、アマゾンプライムビデオなど)だ。同作は戦国時代を舞台に、妖怪に手足など体の多くを奪われた若者・百鬼丸が、どろろと名乗る子供と各地をめぐる作品。昭和44年以来、50年ぶりのアニメ化となる。山本幸治プロデューサーは「『命』という深いテーマにアクション要素、体を取り戻すために旅をするというロードムービー的要素が魅力」と話す。

 漫画とは異なり、百鬼丸は最初意思疎通ができない点など、設定の一部を大幅に変更。キャラクターデザインは手塚テイストを残した上で現代風に仕上げた。原作を尊重しつつ、挑戦的な作風と高い品質を併せ持つ同作を評価する声は多い。山本さんは「『どろろ』を知らない人にも鮮烈なイメージを与えたかった。(原作漫画を)アニメ化する意味や新鮮さを実現できた」と手応えを語る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ