PR

エンタメ エンタメ

IWC脱退問題を深掘り 東京・品川で「おクジラさま」上映会開催

Messenger

 太地町で行われている捕鯨については、2010年に米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を獲得した「ザ・コーヴ」公開後、大きな批判が沸き上がった。「おクジラさま」は「ザ・コーヴ」では描かれなかった、捕鯨を暮らしの糧にする漁師の姿や思いが映し出される。米国で自身の作品を公開した際、反捕鯨の意見を抱く若者の観客も太地町に同情的だったという。

捕鯨問題は情報戦

 佐々木監督は「捕鯨問題は情報戦の一面がある。米国では圧倒的に日本側の情報がないために、シー・シェパードのような団体が出す情報に世論が動かされている」と指摘。IWC総会でも日本政府代表団は海外メディアの取材を拒否するような実態もあったといい、「きっちりと説明責任を果たしてこなかった結果が双方の溝を深くしている」とも語った。

 今回、上映後に行われる森下氏の講演会で、さらにこの問題を深く掘り下げる。佐々木監督は「科学者でもあり、政府代表でもあった森下さんは英語にも堪能で直接、反捕鯨国との交渉をやっていた。真相を聞ける良いチャンスであり、ぜひ参加してほしい」と呼びかけている。

 上映会は21日午後6時45分から午後9時まで。チケット代は一般が2千円。学生は1500円。詳しくはサイト(https://peatix.com/event/600181)、または主催者のユナイテッドピープル(090・8833・6669)まで

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ