PR

エンタメ エンタメ

IWC脱退問題を深掘り 東京・品川で「おクジラさま」上映会開催

Messenger
「おクジラさま ふたつの正義の物語」の米国劇場公開版のポスター
「おクジラさま ふたつの正義の物語」の米国劇場公開版のポスター

 日本の国際捕鯨委員会(IWC)脱退に国際的な批判が集まる中、捕鯨論争を扱ったドキュメンタリー作品の上映会が今月21日夜、東京都品川区の区立総合区民会館「きゅりあん」で開催される。米ニューヨーク在住の佐々木芽生監督が制作した「おクジラさま ふたつの正義の物語」。当日はIWC日本政府代表の森下丈二・東京海洋大学教授を招待し、脱退の背景などをテーマにした講演会も行われる。

米国でも話題呼ぶ

 「おクジラさま」は一昨年に公開。400年前に始まった古式捕鯨の伝統が今も息づく和歌山県太地町を舞台に、反捕鯨団体シー・シェパードの活動家との衝突や国際社会での捕鯨論争の実態を描く。昨年には米国でも劇場公開されて大きな話題を呼んだ。

 上映会を前に都内でインタビューに応じた佐々木監督はこれまで2回、IWC総会を取材した経験から「捕鯨支持国、反対国の対立が深まり、どうしようもない機能不全に陥っている。この国際会議が存続している自体が不思議だ」との印象を語る。多様性を受け入れること、異文化に寛容になることが、複雑にからまった糸を解きほぐす鍵になるとの見解を示した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ