PR

エンタメ エンタメ

同時配信でNHK会長 「法改正向けて努力重ねたい」

 テレビと同じ番組をインターネットで流すNHKの「常時同時配信」を可能にする放送法改正案が今年の通常国会に提出見通しであることに絡み、NHKの上田良一会長は10日の定例会見で、「法改正に向けて視聴者、国民の理解を得るための努力を重ねたい」と改めて実現に意欲を見せた。今年一年の抱負を問われて答えた。

 上田会長は今年一年について、「天皇陛下がご退位されるに伴って、平成が終わり新しい時代がスタートするこの一年はNHKにとっても大きな転機となる年となる」と言及。

 その上で、平成32年10月までに実質で4・5%値下げする受信料については、「既に一部実施している負担軽減策を合わせた受信料の還元規模は422億円だが、これまでに事業収支差金が400億円を超えたことはない。この先しばらくは赤字になるという覚悟を持って臨む値下げとなる」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ