PR

エンタメ エンタメ

KDDI・フジが春高バレーでAR技術を活用 新たな観戦体験へ

Messenger
AR観戦のスコア・実況画面イメージ(C)KDDI/フジテレビ
AR観戦のスコア・実況画面イメージ(C)KDDI/フジテレビ

 12、13日に開催される「ジャパネット杯 春の高校バレー 第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会」の準決勝・決勝戦で、AR技術(KDDI・フジテレビ提供)が活用されることが10日、分かった。

 現実の映像にデジタル情報を重ねて表示するAR(拡張現実)。スマートフォンでバレーボールの新しい観戦体験を楽しめるそんな「AR観戦」や「4DREPLAY」(米国の4DREPLAY社開発・販売)を利用した自由視点映像の会場内配信を実施する。

 「AR-」では、コート両エンドライン後方2視点などマルチアングルで観戦可能な「視点ジャンプ」やスマートフォンのカメラをかざし会場内のAR空間にマスコットキャラクター「バボちゃん」のメッセージ画像を投稿して応援できる「ARエール」など観戦、応援がさらに楽しくなるコンテンツを提供する。

 「4-」を使った自由視点映像配信は、会場内に配備された端末で楽しめ、さまざまなカメラアングルで映像を鑑賞。今回の春高バレーでは、男女決勝戦の映像をそれぞれ40台のカメラで撮影。映像は専用の端末へ試合中に配信され、選手がボールをアタック、レシーブする瞬間などを複数の角度から満喫できる。

 両社の強みを生かし、大会・競技の普及、発展を目指していくほか、5G時代を見据えたAR技術をはじめとする双方の資源を有効に活用することにより、さまざまなスポーツにおいて新たな観戦体験を提案していく。

 また、編集を行ったリプレイ映像は後日、運動通信社とKDDIで共同運営しているインターネットスポーツメディア「SPORTS BULL」でも配信する。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ