PR

エンタメ エンタメ

【鑑賞眼】Ballet Gents in TOKYO 2018

Messenger
5人それぞれの個性が光った「De Ballet Gents」 (Ayumu Gombi撮影)
5人それぞれの個性が光った「De Ballet Gents」 (Ayumu Gombi撮影)

 若手5人 個性際立つ

 世界的なバレエダンサー熊川哲也が芸術監督を務めるKバレエカンパニーから、平成26年に新進気鋭の若手男性ダンサー5人で結成されたパフォーマンス・グループ「Ballet Gents(バレエ・ジェンツ)」。ホテルでのディナーショーや地方特別公演などの地道な活動を経てファンを増やし、結成5年目にして初めて東京都のシアターで単独公演を行った。

 2部構成となっており、前半がしゃれたホテルのバーで繰り広げられる男女のロマンスを描いた「De Ballet Gents」。最高位ダンサーとして活躍する座長の宮尾俊太郎が振り付けした。優雅な跳躍を見せた篠宮佑一、切れ味鋭い動きの益子倭(ましこ・やまと)らメンバーの個性を際立たせた後、5人そろってのダイナミックな群舞が印象深い。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ