PR

エンタメ エンタメ

NHK、元記者の書籍に「主要部分に虚偽の記述」

Messenger

 NHKは19日、元NHK記者の相沢冬樹氏が森友学園に関する自らのスクープを報道局長の意向でトーンダウンして放送されたなどと記述した「安倍官邸vs.NHK」(文芸春秋)について、「主要な部分において虚偽の記述が随所に見られる上、NHKの未放送原稿を規則に反して持ち出し、加工した上で公表もしており極めて遺憾である」とのコメントを発表した。

 文芸春秋や相沢氏へ抗議するかについて、NHKでは「記者が守るべきルールの逸脱が今回の本では各所で見られる。そういったことに鑑み、NHKとして必要に応じ対応を検討していきたいと考えている」と述べた。

 また、書籍のどの部分が虚偽の記述に該当するかについては「それ以外の取材や制作過程に関することについてはお答えできない」とした。

 NHK大阪放送局の司法キャップだった相沢氏は今年8月にNHKを退職。書籍によると、退職理由は森友学園に関する自らのスクープが報道局長の意向でトーンダウンして放送され、考査部への異動を命じられたからだとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ