PR

エンタメ エンタメ

【収集癖と発表癖】ジャガーさん 遂に…ロック史に残る大事件

Messenger
JUN(右)とJAGUARは「同級生」らしい…
JUN(右)とJAGUARは「同級生」らしい…

 この連載も長くなったけど、遂(つい)に担当編集者・黒沢女史からネタのリクエストを受けた。基本、このコーナーに載るものは、うちの仕事場と貸倉庫に寝かせてある。それはワイン工場での醸造に似て、いい味が出始めたと醸造主(僕)が判断した時、世に出荷されるシステムを採っているのだが、結果的に早過ぎると言われることが多い。それに僕の説明不足もあって「よく分からない」状態で“工場”に返品。またも長い眠りに就くのである。

 しかし今回の“ジャガーさん”に関してはその心配はもういらないようだ。マツコ・デラックスさんが出てる深夜TV番組(日本テレビ系「月曜から夜ふかし」)でブレーク。昨年は千葉-三鷹駅間のJR総武線にジャガーさんのラッピング車輌(しゃりょう)まで出現。その人気を見せつけた。

 「あの、千葉のジャガーさんでしょ」と、僕のまわりの人間も御当地キャラのように言うが、実は地球から遠く離れたジャガー星出身。そもそもは“岩”のような存在だったと御本人から聞いたことがある。よってその星には性別も、時間の観念がないので年齢も、存在しないという。そんなジャガーさんが何故に千葉へ?

 疑問はそればかりではないが、謎を解く糸口として“ロック”がある。岩の“ROCK”とのダブル・ミーニングなのではと僕は踏んでいるのだが。

 30年以上も前、ジャガーさんは千葉テレビ『HELLO JAGUAR(ハロー・ジャガー)』という番組でその姿を現し、僕を含めた不思議大好き者に衝撃を与えた。当時、謎のスターとして既にセカンド・アルバムまで発表していたジャガーさん。その音楽はロックだったし、ジャガー星の訛(なま)りなのか節回しはボブ・ディランを彷彿(ほうふつ)させた。後に「たぶん、ボブがジャガーをマネたんでしょう」と、半笑いでおっしゃっていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ