PR

エンタメ エンタメ

【話題の本】『さよならミニスカート(1)』牧野あおい著 「女子の生き方」問い直す異色作

Messenger
牧野あおい著『さよならミニスカート』(1)(C)牧野あおい/集英社
牧野あおい著『さよならミニスカート』(1)(C)牧野あおい/集英社

 今、インターネット上で最も話題となっている少女漫画の一つだろう。スカートをはくことをやめた女子高校生を通じ、「女子らしさ」という息苦しさや同調圧力への反発、それでも女の子らしく生きようとする女子の気持ちなど、リアルな人間関係が描かれる。

 8月から少女漫画誌「りぼん」で連載。同誌の相田聡一編集長が「この連載は何があろうと続けていきます」という異例の声明を出すなど話題を集め、現役アイドルらも続々と応援のメッセージを寄せた。11月下旬に第1巻が発売され、発行部数は10万部を超えた。

 主人公は暴力被害に遭った元アイドルの仁那(にな)。女子で唯一スラックスで通学する仁那には、周囲から好奇の目線が送られる。ハラハラする展開や仁那を傷つけた男の存在などのサスペンス的要素、刺激的なセリフが話題となりがちだが、この作品で描かれているのは一人の少女が困難を克服していく少女漫画の王道的展開だ。

 担当編集者の守分(もりわけ)紘子副編集長は「作者の牧野先生が描きたいと言っているのは、『女の子にはいろいろな生き方がある』ということ。普段『りぼん』を読んでいない方にも、ぜひ読んでいただけたら」と話している。(集英社・440円+税)

 本間英士

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ