PR

エンタメ エンタメ

【橋本奈実の芸能なで読み】女優、赤木春恵さん 懐の深い、人として大きい、すてきな方でした

Messenger

 昭和15年、「女学校卒業→結婚のコースを破り、自立したくて」。兄が芸能関係の仕事をしていた縁で女優の道へ。以来、70年超の女優人生。「今は女優というより、自宅で家族に支えられ、悠々自適にテレビにかじりついています」と話されていた。

 見ていたのは、ニュース番組。「いろいろ見ますが、1日の終わりには櫻井(翔)君の番組を。どの話題に対してもしっかり話されていて、すごいなと。私はとにかく生きること、働くことに必死で知らなかったことが多い。今になって知る戦争の原因などを受け止めています…」

 赤木さんは、戦争体験者だった。終戦の半年前、兄が満州で立ち上げた劇団に参加。終戦から1年2カ月に及ぶ、壮絶な引き上げを経験している。ニュース番組や女優人生から、戦争の話題になったときのこと。それまで、しゅうとめ役を演じて私生活に影響が出たこと、認知症だった母の介護に至るまで苦しかった思いも、何でも話していた赤木さんが、急に口ごもった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ