PR

エンタメ エンタメ

秋ドラマ記者座談会 「リーガルV」「SUITS」…時代に合った一話完結型

Messenger

 B「中3男子と女性教師の禁断の恋は現実味がない。でも後半に入り、教師役の有村架純の新たな恋もあり面白くなってきた」

 A「気持ち悪さがぬぐいきれない。原作の漫画と違って生々しい。実写化に向かない作品と思うね」

 B「『下町ロケット』は、たくさん出てくる悪人の中でも神田正輝の悪ぶりがひと際光るね」

 C「盛り上げはうまいけど、パターンが同じなので、少し飽きちゃって…。『大恋愛』はムロツヨシが大げさなのか、戸田恵梨香の若年性アルツハイマーの演技が難しいのか。不自然な恋愛に見えます」

 A「俺はいい感じの2人と思うけど。ムロは日本テレビの『今日から俺は!!』にも出演。金髪ツッパリ高校生のドラマが老若男女に受けるとはね」

 B「演出・脚本の福田雄一のギャグセンスが全開。“福田組”の賀来賢人や橋本環奈らの演技は過激だけど、その笑いは緻密に計算されている。野木亜紀子脚本と新垣結衣主演の“逃げ恥”コンビで話題を呼んだ『獣になれない私たち』は、社長や職場の同僚、婚約者の元カノらに振り回されるガッキーと松田龍平の行く末が気になる」

 C「自然な流れだし、ガッキーと松田が静かに変化していてじわじわ来る面白さ。『ドロ刑-警視庁捜査三課-』にも一言。宝塚瑤子役の江口のりこが面白い。ぜひスピンオフを」

 A「テレビ東京の『ハラスメントゲーム』は『ドラマBiz』枠の3作目。硬軟織り交ぜた演技の唐沢寿明だからこそにじみ出る面白さがある」

 B「社内抗争の行方も気になる。テレ東も確実にドラマで力量を付けてきているなあ」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ