PR

エンタメ エンタメ

秋ドラマ記者座談会 「リーガルV」「SUITS」…時代に合った一話完結型

Messenger
織田裕二(右)と鈴木保奈美の27年ぶりの共演も話題となったフジテレビの「SUITS/スーツ」
織田裕二(右)と鈴木保奈美の27年ぶりの共演も話題となったフジテレビの「SUITS/スーツ」

 ■「今日から俺は!!」 福田流、緻密な過激ギャグ

 10月クールのドラマが大詰めを迎えている。大きな反響を呼んで期待以上の成果を上げるものもあり、なかなか思惑通りにいかないものもあり…。担当記者が最終盤を前に振り返った。(ドラマ取材班)

                   

 記者A「テレビ朝日は全体に好調。中でも米倉涼子主演の『リーガルV~元弁護士・小鳥遊(たかなし)翔子』は『ドクターX』の後継で注目度も高かった」

 記者B「米倉の技ありの一作。古巣の弁護士事務所との対決も盛り込んであり興味深いね」

 記者C「主人公はいいかげんに見えるけど、元は人道的で優秀な弁護士だったろうと思わせるストーリー。『科捜研の女』や『相棒』もそうですが、一話完結やそれに近いストーリーは今の時代にマッチしているのかも」

 A「弁護士ものではフジテレビの『SUITS/スーツ』も好調だ」

 C「米国の原作を知る人の評価は分かれるようですが、一話完結で困難を乗り切っていく爽快感はこちらも十分あります」

 B「『東京ラブストーリー』以来の織田裕二と鈴木保奈美の共演に加え、会話のやり取りに都会的センスがある」

 A「同感だね。ところで『黄昏流星群』は中年世代の恋の物語だ」

 C「主役の2人の恋が、私にはすてきに見えないんですよ…」

 B「いや、中山美穂が娘の婚約者と恋に落ちるオリジナルストーリーもあるし、男女関係のドロドロ感も満載。『あり得ない』と思いつつも、この後の展開が気になるよ」

 A「『僕らは奇跡でできている』は主人公の素朴さが高橋一生にお似合い。周りをいつの間にか巻き込む姿は見ていて楽しい」

 B「やる気のなかった大学生の男女4人が高橋演じる講師にひかれ、人生も真面目に考えていくところも好感が持てるね」

 C「TBSでは『中学聖日記』が苦戦です」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ