PR

エンタメ エンタメ

赤木春恵さんに最後のお別れ 石井ふく子さん「明るい笑顔忘れない」

Messenger
【赤木春恵さん告別式】挨拶をする喪主の野杁和俊氏。左端は石井ふく子さん=東京都杉並区・築地本願寺和田堀廟所(撮影・高橋朋彦)
【赤木春恵さん告別式】挨拶をする喪主の野杁和俊氏。左端は石井ふく子さん=東京都杉並区・築地本願寺和田堀廟所(撮影・高橋朋彦)

 テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」のしゅうとめ役などで知られ、11月29日に94歳で亡くなった赤木春恵さんの告別式が4日、東京都杉並区の築地本願寺和田堀廟所で開かれた。

 祭壇は、赤木さんが好きだったトルコギキョウで彩られ、ほほ笑みを浮かべる遺影が飾られた。葬儀委員長のプロデューサー石井ふく子さんは弔辞で「ママ(赤木さん)にお世話になりました。明るい笑顔を一生忘れません」と語り掛けた。脚本家橋田寿賀子さんからの「おおらかなお人柄のとりこになり、私のホームドラマになくてはならない女優さんになった」との弔辞も代読した。

 俳優里見浩太朗さんと大空真弓さんも弔辞を読み、角野卓造さんら多数の関係者が参列した。

 赤木さんは映画や舞台で名脇役として活躍。ドラマ「3年B組金八先生」の校長先生役などでも親しまれた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ