PR

エンタメ エンタメ

女優の赤木春恵さん死去 「渡る世間は鬼ばかり」でしゅうとめ役など

Messenger
女優の赤木春恵さん
女優の赤木春恵さん

 ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」のしゅうとめ役などで親しまれた女優の赤木春恵(あかぎ・はるえ=本名・小田章子=おだ・あやこ)さんが29日、心不全のため死去した。94歳だった。通夜、葬儀・告別式は後日、東京都内で行われる予定。葬儀委員長は同作のプロデューサー、石井ふく子さんが務める。

 大正13年、旧満州出身。昭和15年に松竹入りし、同年の「二本松少年隊」で映画デビュー。大映、東映を経て、34年に森繁久弥さんの劇団に参加し、同時にフリーとして活動。NHK連続テレビ小説「藍より青く」(47年)などに出演した。

 54年開始のドラマ「3年B組金八先生」の温厚な校長先生や、58年開始の「おしん」の主人公・おしんを支える女性など、多くの作品でいぶし銀のような演技で存在感を見せた。NHK大河ドラマ「おんな太閤記」(56年)など、橋田壽賀子さんが脚本を手掛けた作品に多く出演し、平成2年開始のドラマ「渡る世間は鬼ばかり」では小うるさいしゅうとめ役を好演した。

 おおらかな性格で、若い女優たちからは「ママ」と親しまれた。舞台「お嫁に行きたい!!」で菊田一夫演劇賞を受賞、平成5年には紫綬褒章を受章。23年に舞台からの引退を表明した。

 25年公開の映画「ペコロスの母に会いに行く」では、88歳で初主演を務め、「世界最高齢での映画初主演女優」としてギネス世界記録に認定された。豊富な人生経験を生かし、「おばあちゃんの家事秘伝」などエッセーも執筆した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ