PR

エンタメ エンタメ

来月1日、4K・8K衛星放送スタート

Messenger

 NHKと民放キー局(日本テレビを除く)系のBS4局などで、12月1日午前10時から超高精細映像の4Kと8Kの衛星放送がスタートする。NHKは独自編成で臨む一方、民放BS4局は基本的に現行のBSを同時放送し、一部番組を4K制作で放送するところからのスタートとなる。(大塚創造)

                   

NHK 独自の番組編成

 4Kと8Kの開局に合わせ、NHKは「テレビ新時代の幕開けを伝える」(上田良一会長)ため、1日は午前10~11時と午後7~10時10分の時間帯を中心に両チャンネル同時で、世界初となる南極からの4K生中継とイタリアからの8K生中継などの開局特別番組を放送する。一部はNHK総合でも放送する。

 4Kでは、月曜日=エンターテインメント▽火曜日=サイエンス▽水曜日=ドラマ▽木曜日=カルチャー▽金曜日=ライフ-と平日はジャンル別に編成。「コスト、要員を節約」(NHK幹部)するため、地上波やBSの人気番組を4Kとの一体で制作する。

 また、土曜には、「4Kシアター」(午後9時)として8日から6週連続で黒澤明や溝口健二、小津安二郎の巨匠監督3人による名作計6本を「4Kデジタル修復版」で放送するほか、空撮ドキュメンタリーなども編成する。

 来年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」も4K制作しており、1月からはNHK総合に先行して日曜午前9時から放送する。

 8Kでは12月1日午後1時10分、70ミリフィルムで撮影され、1968年に公開された米SF映画「2001年宇宙の旅」(スタンリー・キューブリック監督)を8K完全版として放送する。

 31日の紅白歌合戦では、4Kと8Kで「NHKホールで見ているように(NHK総合では放送しない)舞台転換まで見せる」(幹部)といった独自の演出で同時放送するという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ