PR

エンタメ エンタメ

【華麗なる宝塚】柚香光「大きな出会いの作品になれば…」 宝塚花組全国ツアー

Messenger

 宝塚歌劇団の花組男役スター、柚香光(ゆずか・れい)主演の全国ツアー「『メランコリック・ジゴロ』-あぶない相続人-」(作・演出、正塚晴彦氏)「EXCITER!!2018」(作・演出、藤井大介氏)が11月22日~12月16日、全国11会場で上演される。全国ツアー初主演の柚香は「見に来てよかった、と思っていただけるような作品作りを」と熱く語る。

■「“悪ガキ2人”が成長、今度は舞台で“悪ガキ2人”として(笑)」

 自身が組を、劇団を代表して全国を巡る公演。「事の大きさと責任」を強く感じているという。「初めて宝塚をごらんになる方にとって、“第一印象”の公演は大きな影響がある。この出会いに意味があった、と思っていただけるように頑張りたい」と話す。

宝塚歌劇団 花組全国ツアー「メランコリックジゴロ」に主演する男役スター柚香光(前川純一郎撮影)
宝塚歌劇団 花組全国ツアー「メランコリックジゴロ」に主演する男役スター柚香光(前川純一郎撮影)

 何より演目は、思い出深い大好きな作品だ。「先に演目を聞いたので、そのインパクトがすごくて。そこでテンションが一気に上がってしまった」

 「メランコリック-」は入団2年目の2010(平成22)年、最下級生として初めて参加した全国ツアーの演目。同期の同組男役スター、水美舞斗(みなみ・まいと)とともに出演した。

 「私たちは本当に人様に迷惑をかけて…。それでもへこたれず、楽しかった記憶しか残っていないです(笑)。舞台袖にいた“悪ガキ2人”が、今回は舞台上の“悪ガキ2人”として登場します」と笑わせた。

 1993年に花組で初演後、再演を重ねるオリジナル・コメディー。1920年代の欧州を舞台に、陽気なジゴロのダニエル(柚香)とスタン(水美)が一獲千金をたくらむ夢物語を笑いとペーソスを交えて綴(つづ)る。

 「正塚先生の描く、男性像がすごく好きだなとあらためて思います。男性同士特有の空気感や掛け合いがとても粋でオシャレで」

 掛け合いの“相棒”、スタン役は同期の水美。「今までのダニエルとスタン像とは違い、限りなく、私と水美の普段の関係性に近くなっています」と笑う。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ