PR

エンタメ エンタメ

【鑑賞眼】歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」 遊女と修行僧の恋路

Messenger

 尾上(おのえ)菊五郎、中村吉右衛門(きちえもん)を看板に中村時蔵、中村雀右衛門(じゃくえもん)、市川猿之助(えんのすけ)らが顔をそろえた。

 昼の部、「十六夜(いざよい)清心」が楽しめる。遊女十六夜(時蔵)との仲が知れ、寺を追放された修行僧の清心(菊五郎)。月夜の川べりで偶然出会う2人。いちずな恋心を吐露する十六夜と、将来の不安を理由に廓(くるわ)に帰るよう説得する清心。思い余っておなかに清心の子を宿していると告げる十六夜…。今風に言えば、甘い痴話げんかのようなさまに、清元の名曲「梅柳中宵月(うめやなぎなかもよいづき)」がかぶる。

 花形の女形で人気の尾上右近が、清元栄寿太夫(えいじゅだゆう)を名乗って歌舞伎舞台で初お目見え、俳優と浄瑠璃の二刀流を見事に披露した。その歌声に併せ、時蔵は艶(つや)よりかれんさあふれる娘ぶり、菊五郎は色男の辛さの中に人間の原罪とはかなさが匂う作り。後半に湧き起こる悪心への萌芽(ほうが)を、愛嬌(あいきょう)にくるんで見せた。吉右衛門が十六夜を囲う実は盗賊の俳諧師白蓮役。常より不気味さを強く漂わせる。

 夜。吉右衛門の石川五右衛門と菊五郎の真柴久吉(豊臣秀吉)がにらみ合う、歌舞伎独特の見取(みど)り(人気場面)作品「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」。雀右衛門が初役で踊る「文売り」があって、「隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)」から「法界坊」。お家騒動を背景に破戒坊主(ぼうず)の法界坊(猿之助)が小悪党ぶりを発揮、幽霊になって宙乗りを見せる。昼はほかに「お江戸みやげ」と「素襖落(すおうおとし)」。26日まで、東京都中央区の歌舞伎座。(劇評家 石井啓夫)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ