PR

エンタメ エンタメ

イッテQ祭り企画を休止 日テレ社長「賞金払った」

「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑問題で謝罪する日本テレビの大久保好男社長=15日、東京都内
Messenger

 日本テレビのバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」でやらせ疑惑があると週刊文春が報じている問題で、日テレの大久保好男社長は15日、「疑念を生み、大変申し訳ない」と謝罪した。兼務する日本民間放送連盟の会長会見で述べた。

 週刊文春は、同番組が今年5月に放送したラオスの「橋祭り」が番組側の企画だったなどと報道。これに対し、日テレは8日、「番組サイドで企画したり、番組から参加者に賞金を渡した事実もない」などとする見解を公表していた。

 しかし、大久保社長はこの日の会見で「コーディネーター会社を通じて開催費用や参加費、賞金、謝礼などを支払っている」と指摘し、見解について「これは誤り」と訂正した。その上で大久保社長は「現地のコーディネーターは外部とはいえ大切な協力者で、番組成立に不可欠。番組サイドの方であることは間違いなく、放送責任は全て日本テレビが負う」と釈明した。

 同番組ではこれまでに、世界の祭りを紹介する企画を111本放送。日テレでは現在、放送済みの祭り企画について調査を進めており、祭り企画は当面休止するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ