PR

エンタメ エンタメ

ヒット曲「タキ・タキ・ルンバ」で「長崎のように爆発しそうな尻」 日本法人「誤解を招きかねない」と指摘

Messenger

 世界的なヒット曲「タキ・タキ・ルンバ(原題Taki Taki)」に「尻が長崎のように爆発する」という歌詞があり、配信するユニバーサルミュージック日本法人の指摘を受けて、歌詞を変更していたことが13日、分かった。

 「タキ・タキ・ルンバ」はスペイン語と英語で歌唱されている楽曲。仏出身の米ミュージシャン「DJスネイク」が9月28日から世界各国で配信しており、歌手のセレーナ・ゴメスさんらも参加。「ナガサキ」のくだりはスペイン語で歌われており、原爆の被害を軽視しているとも受け取られかねない内容になっていた。日本法人は配信後に「日本では誤解を招きかねない」と歌詞の変更を依頼。国内での宣伝活動を見合わせた。

 10月9日発表のミュージックビデオでは「ナガサキ」という歌詞が「サキサキ」に変更されており、今後、インターネットの定額音楽配信サービス上でも差し替わる予定という。

 原爆をめぐっては、人気韓国男性グループ「BTS(防弾少年団)」のメンバーが原爆を描いたTシャツを着用していたことが批判を呼び、テレビ朝日が9日夜放送の音楽番組「ミュージックステーション」へのBTS出演を見送っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ