PR

エンタメ エンタメ

【編集局から】「産経ニュース」のデザイン刷新 読者視点を最優先に

Messenger

 「見づらい」「使い勝手が悪い」。10月15日、ニュースサイト「産経ニュース」(http://www.sankei.com)のデザインを刷新しましたが、リニューアル当日に読者から届いたのは厳しい声が大半でした。

 普段見慣れたもの、使い慣れたものが一夜にして別の姿に変わっていれば、戸惑うものです。産経ニュースに愛着を持っていた読者であればあるほどストレスを感じたのかもしれません。ただフォローの風なのか、刷新以降、「日中首脳会談」「徴用工訴訟」「米中間選挙」など大きなニュースが相次ぎ、サイトの閲覧回数も増加。新サイトに慣れてもらう、良さを感じてもらう好機となっています。

 まだ課題の多い新サイトですが、実は画面の変更だけでなく、読者視点に立った配信時間、また記事の見せ方に工夫を凝らすよう心掛けています。新しさの中に込めたプラスに気づいてもらえてますでしょうか。(編集長 島田耕)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ