PR

エンタメ エンタメ

フジ球体展望室「はちたま」期間限定で10年ぶりに夜間営業

「はちたま」でナイトライフを楽しもう!(C)フジテレビ
Messenger

 フジテレビは、本社屋内にある球体展望室「はちたま」(東京・台場)の夜間営業を10年ぶりに期間限定で実施することを8日、発表した。

 地上123メートルの高さに位置する丸い形が特徴の「はちたま」。臨海副都心を中心に約270度の景観が広がる。天気のいい日は富士山、レインボーブリッジ越しの東京タワーや東京スカイツリーなども一望できる絶景スポットである。

 2008年4月から営業時間が午後6時までに短縮されていたが、このほど期間限定(12月22日~来年1月6日)で午後8時までナイトライフを楽しめることになった。

 期間中には、恒例の「お台場レインボー花火2018」が開かれ、冬の夜空にダイナミックに広がるぜいたくな花火が鑑賞できるほか、クリスマスイルミネーションも必見だ。

 同局関係者は「インバウンドを対象とするナイトタイムエコノミーを探る社会実験の一環としてもとらえています」と話している。

 「はちたま」の開催時間は、午前10時~午後8時(最終入場午後7時30分)。一般(高校生以上)550円、小中学生300円(税込み)。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ