PR

エンタメ エンタメ

「おっさんずラブ」が3冠 東京ドラマアウォード授賞式

受賞者の田中圭、吉田鋼太郎(上段左から)、イェン、石原さとみ、阿川佐和子、田中奏生(下段左から)
Messenger

 日本ドラマの海外発信を目的とした「東京ドラマアウォード2018」の授賞式が東京都内で開かれ、連続ドラマ部門グランプリにテレビ朝日「おっさんずラブ」が選ばれた。同性の上司と後輩から告白される“モテ男”を演じた田中圭が主演男優賞、乙女心の“おっさんヒロイン”を演じた吉田鋼太郎が助演男優賞に輝き、3冠を達成。田中は授賞式で「僕にとってはスタート」と喜びを語った。

 同作品は、女好きだがモテない会社員(田中)が、家庭持ちだが乙女心を隠し持つ上司(吉田)らから告白される異色の恋愛ストーリー。これまで主役を演じる機会が少なかったという田中は「俳優18年の集大成と思ってやったけど、まだまだ楽しいことがこの先ありそうと思えてきた。これ以上のものをやりたい」と意気込んだ。

 また、法医学をテーマにしたTBS「アンナチュラル」が、連続ドラマ部門優秀賞のほか、主演女優賞、脚本賞など6部門に輝き、最多受賞となった。

 東京ドラマアウォードは民放連やNHKなどで構成する「国際ドラマフェスティバル in TOKYO実行委員会」が主催し、平成20年に創設された。

       

 今回の主な受賞作・受賞者は次の通り。

 【連続ドラマ・グランプリ】テレビ朝日「おっさんずラブ」

 【単発ドラマ・グランプリ】NHK「眩(くらら)~北斎の娘~」

 【個人賞】主演男優=田中圭、「おっさんずラブ」▽主演女優=石原さとみ、「アンナチュラル」▽助演男優=吉田鋼太郎、「おっさんずラブ」▽助演女優=阿川佐和子、TBS「陸王」▽脚本=野木亜紀子、「アンナチュラル」▽演出=塚原あゆ子、同▽特別=同制作チーム

 【主題歌賞】米津玄師(よねづ・けんし)「Lemon(レモン)」(同主題歌) 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ