PR

エンタメ エンタメ

【動画】神楽と西洋音楽が融合 カウンターテナー、本岩孝之さんが「縄文神楽」に挑戦

カウンターテナーの本岩孝之さん(石山社中提供)
Messenger

 日本の伝統芸能「神楽」と西洋歌劇が27日夕、東京・池袋で融合する。上演されるのは「奉 縄文神楽」(たてまつる じょうもんかぐら)。幅広い音域で知られるカウンターテナーの第一人者が縄文神楽の舞台に登場、舞と笛、太鼓などに混じって神代の物語を高々と歌い上げるのだ。芸術の秋、和洋トップ同士による奇跡のコラボが実現した。(高原大観)

 「西洋音楽の声楽を専攻し、その中で活動してきましたが、『縄文神楽』に挑戦するとは予想できませんでした」。こう話すのはカウンターテナー歌手の本岩孝之さんだ。

 本岩さんは東京藝術大学声楽科を卒業し、カウンターテナー歌手としてテレビやラジオの音楽番組レギュラーや、国内外でのコンサート出演など幅広く活動を続けてきた。動画サイトのYou Tubeでも、シューベルトの「魔王」を一人で父親と子供のパートを歌ったものが話題となった。現在は拠点を山梨に移し、コンサートでは4オクターブの幅広い音域をいかした歌声が人気だ。

 「縄文神楽」とは神楽の中でも民間を中心に広まった里神楽をベースにしたもので、上演する無形文化財武州里神楽「石山社中」の十世家元・石山裕雅さんが考案した。石山さんは演目の作詞と作曲を担当した。神楽は基本的には舞と笛、太鼓などが主要な部分を担うが、「縄文神楽」では従来の形式に加え、歌の役割を増やすことで伝統を踏襲しつつ新たな形を生み出した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ