PR

エンタメ エンタメ

中井貴一主演のCSドラマ「記憶」が地上波初  BSフジでも4K放送

重厚な演技を披露した中井貴一(C)フジテレビ
Messenger

 中井貴一(57)主演のCSドラマで好評を博した「記憶」が地上波フジテレビで初放送、BSフジでも4K放送されることが25日、分かった。

 同ドラマは、今年3月から6月までCS放送フジテレビNEXTライブ・プレミアムなどで放送された。韓国ドラマ「記憶~愛する人へ~」を日本版としてリメークしたもので、フジとジュピターテレコム(J:COM)が共同制作。オリジナル主演のイ・ソンミンとジュノ(2PM)がカメオ出演したことでも話題となった。

 勝つためなら手段を選ばない敏腕弁護士・本庄英久(中井)が若年性アルツハイマーと診断される。それまでは家庭も顧みず成功だけがすべてだと思っていた男が15年前に未解決のまま葬られた今は亡き息子のひき逃げ事件の真相解明に乗り出し、徐々に記憶を失くしていくなか、改めて家族と向き合い、人生の大切なものを見つけていくというストーリー。

 キャストは中井をはじめ、本庄の現在の妻、遥香に優香、アソシエイトとして本庄を支える新人弁護士、二宮に泉澤祐希、本庄の秘書、足立に放送中の月9「SUITS/スーツ」にも出演している今田美桜、本庄の別れた前妻、佳奈子に松下由樹。ほかに丸山智己、三浦貴大、草村礼子、石丸謙二郎ら演技派俳優が顔をそろえた。

 12月1日のBSフジの4Kスタートを飾るオリジナルコンテンツの1つとして初めて4Kでも放送される。

 地上派フジは、メディアミックスα枠で11月13~28日午後3時50分から。

 BSフジ/BSフジ4Kは、12月3~18日午後6時から(毎週月~金曜)。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ