PR

エンタメ エンタメ

【シネマプレビュー】食べる女

Messenger

 食と恋愛をテーマに世代も価値観もまるで違う女性8人の日常を描く作家、筒井ともみの短編小説集を映画化。監督は生野慈朗。最高の家庭料理で客をもてなすことを楽しむ文筆家の敦子(小泉今日子)の家には、今夜も恋や人生に悩む懇意の女たち(鈴木京香など)がふらりと訪れ、酒に酔ってはくだを巻き…。

 遅筆の敦子宅へ原稿の取り立てにきた編集者の圭子(沢尻エリカ)が、敦子から卵かけご飯などを振る舞われるや、その不機嫌な表情がみるみる和らいでいく様子は面白い。とりわけ大事件は起きないが、おいしいご飯は元気と幸せの源だと改めて教えてくれた。東京・丸の内TOEI、大阪・梅田ブルク7などで全国公開中。1時間51分。(天)

 ★★★☆(★5傑作 ★4見応え十分 ★3楽しめる ★2惜しい ★1がっかり ☆は半分)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ