PR

エンタメ エンタメ

【劇団四季】関西初上演の「リトルマーメイド」大阪公演、公開舞台稽古

「リトルマーメイド」大阪公演公開舞台稽古の1シーン
Messenger

 劇団四季がディズニーとタッグを組んだミュージカル「リトルマーメイド」大阪公演の公開舞台稽古が10日、大阪市北区の大阪四季劇場で行われた。13日の開幕を前に、キャストやスタッフらは入念に最終チェックを行った。

 地上の世界にあこがれる人魚姫、アリエルが、人間のエリック王子に恋をする名作アニメーションをもとにしたミュージカル。四季とディズニーの提携第4作目で、平成25年に東京で初演。今回の大阪公演は、東京、愛知・名古屋、福岡に次ぐ国内4都市目、関西初の上演となる。

 幅広い世代に愛され続けている物語であり、「アンダー・ザ・シー」「パート・オブ・ユア・ワールド」などの名曲の数々、フルオートメーションの最新フライング技術を駆使した「神秘の海の世界」の表現など見どころの多い作品だ。

 この日、アリエル役を務めた大阪府出身の三平果歩(さんぺい・かほ)さんは「『リトルマーメイド』は初舞台を踏ませていただいた大切な作品。出身地の大阪で初めて上演されること、出演できることをとても幸せに思います」とコメント。演じる役柄を「好奇心と勇気で自らの運命を切り開いていく魅力的な女性」と表現し、「アリエルのように自分の可能性を信じ、作品の感動をしっかりお届けできるよう、精いっぱい演じたい」とした。

 大阪公演は開幕の13日からロングラン上演を行う。現在、来年8月31日までの公演チケットを発売している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ