PR

エンタメ エンタメ

【長野放送 アナウンサーコラム】「合言葉は、いつも通り」 汾陽美樹

汾陽美樹アナ
Messenger

 会社でのプレゼン、学校での発表、面接…。人前で話すときに緊張してどうしてもあがってしまうという経験は、誰でも一度はあるのではないでしょうか。

 私は入社当時、たくさんありました。初めてレギュラー番組を担当させてもらった「PUSH☆」。台本を渡され何度も練習して本番に挑みましたが、緊張で頭は真っ白。表情はガチガチ。びっしょりと掻いた手汗。心臓が飛び出しそうなほどドキドキし、心に余裕など全くありませんでした。

 そんな頃、母が私にかけてくれた言葉は「いつも通りやれば大丈夫」。緊張感を持つことは大事だと思います。ただ、良く見せよう、失敗しないようにやろう、完璧を目指そうとすると、必要以上に緊張してあがってしまいます。緊張とあがるのは似ているけど、別物なんだと気付きました。

 アナウンサー3年目になった今でも、たくさん緊張してドキドキします。そんな時は、母との合言葉「いつも通り」と自分に言い聞かせています。その一言でスッと心が軽くなり、良い緊張感に変わるのです。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ