PR

エンタメ エンタメ

吉田鋼太郎、優香らがフェルメールの謎に迫る 「絵から発せられる波動が…」

『真珠の耳飾りの少女』の前に立つ吉田鋼太郎(C)フジテレビ
Messenger

 5日開幕の「フェルメール展」(東京・上野の森美術館)を記念し、フジテレビは11月2日午後7時57分から「ダイワハウスプレゼンツ 芸術の秋ミステリーSP 謎の天才・フェルメールの罠~名画に隠された世紀のトリック~」(仮、一部地域を除く)を放送することを決めた。

 世界中でブームを巻き起こしている天才画家、フェルメールの名画9点がついに東京へやってくる。現存する作品わずか35点ともいわれる寡作の画家。そのなかから9点が展示されるということで、日本美術展史上最大の「フェルメール展」と話題になっている。

 そんな名画の数々に隠された知られざるミステリーを解き明かすべく、フェルメールの出身国・オランダ各地、そしてフェルメールのミステリー事件が起きたアメリカ・ボストンを訪ね、綿密な現地取材を敢行。名画に潜む秘密を徹底追跡していく。

 5度も盗難されてきた作品。フェルメールの名画はなぜ狙われるのか。名画「真珠の耳飾りの少女」の“少女”はいったい誰なのか。全35作品の半数近くにあるといわれる背景に隠された暗号とは…。

 謎に迫るMCには俳優の吉田鋼太郎と優香。フェルメールの謎と魅力をたどる旅のロケを終えた吉田は「オランダまで来て本当によかった。いろいろなことがつまった旅で、大変すばらしい経験をさせていただいた。もともと飛行機が苦手で、海外旅行はそれほど好きではないが、今回はまたオランダに来たいと思える旅でした」と前置きし、「なかでも『真珠の耳飾りの少女』は絵から発せられる波動が伝わってきて、ついには涙が出そうなぐらい感動した。一枚の絵にどうしてここまで心を動かせられるのか不思議に思うほど、名画の持っている力を目の当たりにし驚きました」と語る。

 また、生まれ故郷デルフトを描いた風景画『デルフトの眺望』については「絵に込められた意味を伺い鳥肌が立った。フェルメールの実像はほとんど知られていないと思うが、その軌跡をたどってみると、彼の人生と名画のつながりがよく分かり、真意を知ることができる。旅の感動を番組で追体験してもらえれば」とPRしていた。

 さらに「フェルメール展」のナビゲーターを務める石原さとみも登場。作品の魅力について解明していく。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ