PR

エンタメ エンタメ

【樹木希林さん葬儀】是枝裕和監督「希林さんの存在は肉体を離れ、世界中に普遍化した」

樹木希林さんの葬儀で映画監督の是枝裕和さんの弔辞を代読する俳優の橋爪功さん(右手前)=30日、東京都港区の光林寺
Messenger

 女優、樹木希林さんの葬儀・告別式で、フランスで新作準備中の是枝裕和監督(56)の弔辞が俳優、橋爪功さん(77)によって代読された。樹木さんは是枝監督作品の常連であり、今年公開された「万引き家族」は、仏カンヌ国際映画祭で最高賞に輝いている。弔辞の主な内容は以下の通り。

■母を重ねて映画を作り、もう1人の母を失った

 希林さんと私とは20歳の年齢差がありますが、馬が合ったという感じがします。なぜ希林さんが私のことをひいきにしてくれたのかはよく分かりません。もしかすると、私がテレビ出身で、映画の世界に何ら師匠や頼れる先輩がを持っていなかったことがその理由の一つかもしれません。

 そんな孤児のような私をふびんに思い気にかけてくれた。映画が公開されるたびに客の入り具合を確認し、「次も撮れるわね。よかった、よかった」と心配してくれた。できの悪い息子を案ずる母からの電話は、最新作までずっと続きました。

 私にとってあなたとの時間はとても楽しいものでしたが、どこか人生の中で、母と過ごせなかった息子としての時間とその後悔を何とか取り戻したい、やり直したい、というかなわぬ思いを埋めようとしていたのかもしれません。

 口にはしませんでしたがそんな私の気持ちなど、観察眼の鋭い希林さんのことですから、お見通しだったのでしょうね。

 希林さんに母を重ねて映画を作り、希林さんと食事に行き、話すことで、私は私の母への喪の作業を少しずつ進めることができたのでしょう。今、その作業の途上でもう1人の母を失い、再び喪の作業を進めることになってしまいました。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ